コロナ禍で都庁「入都式」 代表4人以外1387人はオンライン参加




東京都庁では密を避けるため、人数を絞った「入都式」が行われました。  小池都知事:「困難ななかでも常に未来を見据え、光あふれるあすの東京を作り上げて参りましょう」  1日の入都式では、去年と同じく密を回避するために新入職員1391人のうち代表の4人だけが会場に入りました。  他の職員はオンラインで参加し、テレワークなど多様な働き方を体感してもらう目的もあるということです。  新入職員は今後、自宅などからオンラインを活用した研修を受ける予定です。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp



Hareteは映像の撮影、配信を担当