伊予名所 人気声優PR番組の制作

市、観光動画3編を配信


 伊予市は、映画「ハリー・ポッター」シリーズで主人公ハリーのふき替えなどを担当した人気声優の小野賢章けんしょうさん(31)が市内の名所を巡る動画「小野賢章と恋するイヨタビ」を制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信を始めた。22日からは仮想現実(VR)を活用した続編動画も市内の3施設で公開する。(斎藤剛)


番組制作、VR制作は秋葉原の制作会社Harete





ハリポタ主人公担当 小野賢章さん出演



 小野さんは父親が市出身という縁で、2015年から「ますます伊予市ふるさと観光大使」を務める。アニメの声優や俳優として人気が高く、県外への情報発信力を期待し、市と市観光協会が出演を依頼した。

 動画は〈1〉食べる(11分)〈2〉遊ぶ(8分)〈3〉感じる(10分)――の3編。3月に撮影があり、食べる編では、小野さんが灘町の「からき天ぷら店」を訪れ、白身魚のすり身にパン粉をつけて揚げた「がんす」を味わうほか、近くの「朝日食堂」で一押しの中華そばを食べて「めちゃくちゃおいしい」と笑顔を見せた。

 遊ぶ編では総合文化施設「ウェルピア伊予」の展望台から市内を眺めたり、電動アシスト自転車でJR南伊予駅周辺を散策したり。感じる編では、双海町でピザ作り、中山町のフラワーハウスで多肉植物の寄せ植えを体験した。




 22日からは続編をウェルピア伊予、道の駅ふたみ、道の駅なかやまで公開。配備された専用ゴーグルを装着すれば、360度ぐるりと見渡せるVR動画で特別編を楽しめるという。

 市経済雇用戦略課の担当者は「コロナ禍で今すぐには訪れることはできないかもしれないが、『いずれは行ってみたい』と思ってもらえる動画になった」とPRしている。